ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 選挙 県議のあとは 市長と市議です。 | main | 今年の企画  案 >>
2019.11.20 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.11 Monday

お猿の公園

 
お猿の公園 


この「公園」は村上春樹の「風の歌を聴け」のなかで、二度ほど登場します。
「…とにかく僕たちは泥酔して、おまけに速度計の針は80キロを指していた。そんなわけで、僕たちが景気よく公園の垣根を突き破り、つつじの植込みを踏み倒し、石柱に思い切り車をぶっつけた上に怪我ひとつ無かったというのは、まさに僥倖というより他なかった。 僕がショックから醒め、壊れたドアを蹴とばして外に出ると、フィアットのボンネット・カバーは10メートルばかり先の猿の檻の前にまで吹き飛び、車の鼻先はちょうど石柱の形にへこんで、突然眠りから叩き起こされた猿たちはひどく腹を立てていた。…」。

で車でぶつけてしまっています。

・・公園の前の道路はどう考えても80km/hも出る道じゃないです。


二回目に登場する場面は有名です。

「…僕は街の中をゆっくりと車で回ってみた。海から山に向かって伸びた惨めなほど細長い街だ。川とテニス・コート、ゴルフ・コース、ずらりと並んだ広い屋敷、壁そして壁、幾つかの小椅麗なレストラン、ブティック、古い図書館、月見草の繁った野原、猿の檻のある公園、街はいつも同じだった。…」、

と登場しています。

月見草の繁った野原 とは どこでしょう。ゴルフコースは 芦屋カンツリークラブでしょうか?

街の中と言って良いのでしょうかね。


猿の公園
20110409 の お猿の檻

この檻に 「お猿」を 戻しませんか? 市と市民の手で・・



2019.11.20 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR