ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 現状報告します! | main | 整いました〜市民ステージ >>
2019.11.20 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.07.14 Wednesday

ハナビのハナシ

 みなさんこんにちは。
早く梅雨が明けてくれないかと毎日ウズウズしているふらわ〜ろっくんです。


西日本では毎日大雨が続き、冠水や土砂災害など、悲しいニュースばかりが届きますね。
ですが、この大雨は梅雨明けが近づいている証拠だということなので
もうすぐ、晴れた青空が広がるんだ、そして芦屋のサマーがすぐそこまで迫っているんだ、
と梅雨が明けるのを心待ちにしています。



さて、今年の芦屋サマーカーニバルでは様々な花火が登場する予定です。
以前は大きな花火の種類を少しご紹介しましたね。
そこで、今回はそれ以外の小回りのきく、小さな花火をご紹介したいと思います。
小さな花火と言っても存在感はとっても大きく、そして芦屋の花火では大活躍する素敵な花火なんですよ。
エンターテイメントの本場ヨーロッパやアメリカでは「パイロ」と呼ばれているそうです


まずは、「マイン」
これは日本語では「花束」といい、その名の通り花束上に花火の星が広がる「パイロ」なんです。
夜空に花束なんて素敵な発想ですよね


そして、「コメット」
こちらは直訳すると「彗星」ですが、日本の花火では「虎の尾」と呼ばれています。
筒から火の柱を描き、まっすぐに空高く飛んで行くのが特徴です。
垂直に打ったり斜めに打ったりして色んな模様を描くことができる、とってもかっこいい「パイロ」なんですよ。


他にも大きな音を発して驚きを与える「コンカッション」や、
チカチカ点滅してロマンチックなシーンを演出する「トーチ」など、様々な「パイロ」が存在します。
これらの「パイロ」を多用した花火は芦屋の花火の特徴でもあるといえます。


そしてさらに、今回の目玉企画である「3D花火」でも大活躍するはずです
みなさまお楽しみに!!


 

2019.11.20 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR