ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ありがたき・・ | main | 第2回 告知キャンペーン! >>
2019.11.20 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.15 Tuesday

花火のマメ知識

 こんにちは!
最近暑かったり涼しかったりと、気温の激しい変化についていけず、
若干風邪気味なふらわ〜ろっくんです。

さて、気温の変化は激しいとはいえ、関西もようやく梅雨入りしたということで、
サマーがすぐそこまで迫ってきました!!ドキドキ

今回は芦屋サマーカーニバル独自の、という方向から少し外れて、
みなさまに一般的な花火のことを知ってもらおうというお話を書きたいと思います。
ここで書こうと思って、花火師さんに色々お話を聞いてきましたよ〜

まず、日本の基本的な花火で、ドンッと空高く打ちあがった後、
玉の中心から星が尾を引いて球状に広がる花火を 菊 といいます。



そして、菊の中でもひとつの円の中に色の違いで二重、三重の円を描く花火を 芯入り というそうです。



これは高度な技術を必要とするらしく、今では最高五重の花火も存在するらしいですよ!
どんな花火か見てみたいですね〜。
残念ながら芦屋で揚がる花火の大きさでは、再現が不可能だそうです・・・

続いて上空でドンッと開花しても何も見えず、
少ししてから無数の小さな花が開く花火を 千輪 といいます。



これはカッコいいですよね〜。僕は大好きです。

そして、蝶々やキャラクターなど、様々な形を表現する花火、
これは 型もの(かたもの) と総じていわれるそうです。



これも盛り上がりますよね〜!
この写真はひまわりだそうですよ。


まだまだ色んな花火が存在するらしいのですが、今日はここまで!
少しですが、芦屋の花火を見て、『あ!今の花火は 菊 っていうんだよ』とか
『今のは 千輪 だ!カッコいいよね〜』なんて周りのみんなに教えてあげてください。
少しはみなさんの知識として役立てていただけそうでしょうか??

この夏もお楽しみに!

2019.11.20 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR